ダイマル行政書士事務所

愛知県西尾市のダイマル行政書士事務所にようこそ。建設業許可の申請手続き代行します!!

イラスト1_グリーン

HOME ≫ 取扱い業務 ≫

建設業許可など建設業関係専門のダイマル行政書士事務所 !! 行政手続きは、安心しておまかせ下さい。

① 建設業許可

 近年の経済不況にもかかわらず、建設業許可を取りたいと、ご相談をお受けします。
 なかでも、「元請さんから建設業許可を取るように言われた」「許可を取ることが請負契約受注の条件となった」又は「銀行から融資を受けるのに必要になった為」等ご検討されるきっかけは、様々です。



 建設業許可のことなら、お気軽に、ご相談して下さい。


  1,建設業許可を取りたい。
 2,毎年の事業年度終了届が面倒。
 3,建設業許可の業種を追加したい。
 4,役員や営業所移転等の変更届の要件が知りたい。
 5,許可の一本化をしたい。
 6,経営状況分析・経営事項審査(経営規模等評価)が面倒。
 7,公共事業(建設工事競争入札)に参加したい。
 8,身内に建設業許可を承継させたい。
 9,個人事業から法人にしたい。
  11,建設業許可の更新手続が近づいているが、いそがしい。 
  12,依頼していた行政書士が廃業し、他に行政書士を探している。

  13,面倒な手続は行政書士にまかせて、本業に専念したい。


※建設業許可を取るためには
 「財産的基礎又は金銭的信用を有していること
 「経営業務の管理責任者がいること
 「専任技術者が営業所ごとにいること
  など要件をみたす必要があります。


※経営事項審査(経営規模等評価)又は建設工事競争入札参加資格なども、ご相談下さい。
   (電子申請にも、対応しております)

 一定規模以上の建設業を営む場合は、建設業許可が必要です。

② 産業廃棄物収集運搬業許可

 産業廃棄物収集運搬業とは、建設現場でいえば、解体工事のコンクリートがらや木くずなどを「産業廃棄物」、中間処理場などに運ぶこと「収集運搬」といい、これを仕事とすることを「」といいます。

 

 産業廃棄物収集運搬業は、「一日なら」「少量なら」というような例外はなく許可をもっていなければ運ぶことはできません。

 産業廃棄物は、事業活動により発生する廃棄物です。家庭から発生する一般廃棄物とは、区別されます。 
 事業活動とは、例えば解体工事による木くずや鉄くずなど幅広く該当します。
 環境汚染の原因となるものとして、燃え殻など20種類が定められています。


 それぞれの廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性等の特に危険性あるものを「特別管理産業廃棄物」「特別管理一般廃棄物」という種類に分けています。

 

 産業廃棄物処理は、元請け業者自ら運搬するか、産業廃棄物収集運搬業許可を得た下請け業者へ依頼して運搬しなければなりません。
 
 許可を持っていない下請け業者が運搬した場合は、産業廃棄物処理法違反となります。

 最近では、街中でも産業廃棄物収集運搬業許可のステッカーを貼付しているトラックを多くみるようになりました。


 産業廃棄物収集運搬業の無許可営業については、社会のコンプライアンスに対する意識の高まりにより、近年はかなり厳しくなってきています。早々取得をおすすめします。

 
産業廃棄物収集運搬業許可の条件
 1,講習会を受講していること。
 2,経理的基礎を有していること。
 3,適法かつ適節な事業計画を整えていること。
 4,欠格要件に該当していないこと。
 5,収集運搬のための施設(車両等)があること。


 産業廃棄物の運搬できる種類
 廃プラスチック類、ゴミくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、がれき類、紙くず、木くず、繊維くず 等

 産業廃棄物の収集運搬業を行うために必要となる、産業廃棄物許可の申請手続きを代行・サポートいたします。

 業務準備が忙しく、なかなか申請手続きまで手が回らない業者様や許可要件に合致しているかご不安の業者様は、ご相談下さい。

③ 一般廃棄物収集運搬業許可

 一般の家庭から排出される廃棄物「一般廃棄物」の収集運搬を商売として行う者は、一般廃棄物収集運搬業許可を取得する必要があります。

 

 一般廃棄物収集運搬業は、「1日なら」「少量なら」というような例外はなく許可をもっていなければ運ぶことはできません。

 自区内処理を原則とし、市区町村に処理責任があります。また飲食店などから出る生ごみ等、産業廃棄物に該当しないものは、「事業系一般廃棄物」として分類されます。 

 複雑な手続を必要とする一般廃棄物収集運搬業許可の申請、更新手続はおまかせ下さい。

④ 電気工事業者登録、電気工事業開始届、⑤解体工事業登録 ⑥行政不服申立て 

 建設業許可を取得していでも、みなし登録電気工事業者としての届出が必要です。

 電気工事業者等は、届出が要ります。手続きはおまかせ下さい。


 ダイマル行政書士事務所は、書類作成から申請手続代行や認可取消などの行政不服申立てを行い、多忙な皆様に代わってサポートいたします。

当事務所の営業取扱い地域は、以下の市町村を中心とさせていただいております。

 西尾市 岡崎市 幸田町 碧南市 高浜市 刈谷市 知立市 安城市 蒲郡市 豊川市 半田市 東浦町 阿久比町 大府市 ほか愛知県全域です。

 お電話やホームページのお問合わせメールで、ご依頼よろしくお願いします。

 もちろん、ご相談だけでも、という方も大歓迎。(
出張相談も無料!!)


  〒445-0882
        愛知県西尾市上道目記町北後12番地 
                 ダイマル行政書士事務所

        お電話でのお問合わせ 0563-54-0388

モバイルサイト

ダイマル行政書士事務所スマホサイトQRコード

ダイマル行政書士事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!